12.18.2012|相手からYESがもらえる『アサーティブ・コミュニケーション術』

12-18-2012|大串亜由美セミナー

人間関係を損なうことなく自分の意見を伝えて“真のwin-win”を目指す、発展的かつ協調的な自己主張スキルを身につける

アサーティブ・コミュニケーション(発展的・協調的自己主張)とは、自分の思いを率直に伝え、相手の要求・気持ちも汲み取りながら、人間関係を損なうことなく自分の意見を表現するためのスキルです。

東京 - 内幸町 12/18 10:00-18:00 アフター5
44,100円 定員30名 定数なり次第
主催:みずほ総合研究所 主催者提供の詳細ページ
講師:大串 亜由美

断る、頼む、反対意見を言う…仕事においては目的達成のために『言いにくいこと』を伝えなければならない場面が多くあり、また、企業組織のあり方が年々複雑になっていることもコミュニケーションをさらに難しくしています。

大串亜由美セミナーの概要

本セミナーでは、上司・同僚への提案や社内会議での発言、取引先との商談等、様々な状況において円滑に仕事を進めるうえで役立つアサーティブ・コミュニケーション術を、具体的なヒントや様々な実習を通じて、実践的に身につけていただきます。

カリキュラム

1.はじめに
  (1)仕事をよりスムーズに、効果的に進める手段としての
アサーティブ・コミュニケーション
  (2)マイゴールの設定 〜あなたの目指すコミュニケーションスタイルとは〜
  (3)なぜ今、アサーティブなのか
  (4)「思い込み」からの脱却が、アサーティブな言動につながる
     1 エリスのABCD理論
     2 イラショナル・ビリーフ(irrational belief)

2.アサーティブ・コミュニケーションの基本
  (1)Aggressive(攻撃的)とPassive(受け身)との違い
  (2)アサーティブ・コミュニケーション4つのポイント
  (3)アサーティブなコミュニケーションの基本的特徴
     1 印象を決定付ける3つの要素  
     2 非言語コミュニケーションの特徴
     3 言語コミュニケーションの特徴
     4 アサーティブなコミュニケーション
       (ⅰ)こんなとき アサーティブなコミュニケーション
          スタイルでは、こう反応する
       (ⅱ)言いにくいことを伝えるには

3.シチュエーション別 アサーティブ・コミュニケーションの実践
  【ケーススタディ・グループワーク・ロールプレイ】
  (1)ケース1 win-winになるように自己アピールしてみよう
  (2)ケース2 相手に納得してもらえる「No」の言い方を練習しよう
  (3)ケース3 建設的に反対意見を表明する方法とは?
  (4)ケース4 気持ちよく引き受けてもらえる、物の頼み方
  (5)ケース5 自分の要求を実行につなげるためには?

4.まとめと今後のアクション

事前課題のお願い
セミナーの効果をより高めるための事前課題がございます。
ご参加証・ご請求書とともにお送りいたしますので、
ご記入の上、当日お持ちください。

※本セミナーでは、名札を準備させていただきますのでご了承ください。
※適宜、グループワーク・実習をまじえて進行いたします。

大串 亜由美(おおくし あゆみ)さんの現在の役職

  • 株式会社グローバリンク 代表取締役

経歴

http://www.globalink.jp/company/president.html

日本ヒューレット・パッカード株式会社にて14年勤務後、コンサルティング会社勤務を経て、独立。グローバリンクを創立。

「国際的規模での人材活用、人材育成」をキーワードに、マネジメント、自己主張など、ビジネスコミュニケーション全般の企業・団体研修、各種コンサルティング業務を手がける。10年連続、年間250日を超える研修実績。

主な著書

  • 15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術(ダイヤモンド社)
  • アサーティブ−「自己主張」の技術(PHPビジネス新書)
  • 選ばれ続ける人の仕事術(グラフ社)
  • 研修女王の最強3分スピーチ(ダイヤモンド社)
  • 仕事がうまくいく「質問」の仕掛け(青春出版社)
  • 勝つプレゼン 負けるプレゼン(PHPビジネス新書)