英文契約の注意点 仕込まれる“罠”の・・・

−−−−− 東京-茅場町駅 8/30(木) 34,700 円
DayTime 熊木 明 [
?
スキャデン・アープス法律事務所 弁護士
]
【海外進出・国際取引】 主催者提供の詳細ページ
英文契約の注意点 仕込まれる“罠”の実践的研究
〜中上級者向け〜

このセミナーの概要の詳細

http://www.kinyu.co.jp/

英文契約では、契約の文言が重視されます。従って、ちょっとした文言の変化・追加も全て意味があり、また、そうしたちょっとの修正で権利・義務の内容が大きく変化することになりえます。

この点、英文契約は同じような共通した表現・文言を使用する傾向があるところ、英文契約に慣れてくるほど、見慣れている文言と似たような文言/若干の文言の追加がされたとしても、「いつも見ている文言と同じだ」として真剣に検討せず、その文言に含まれる真のリスクを見逃す危険があります。

特に、英文契約の交渉に慣れている者はこうした隙をついて、このような“ちょっとした文言の追加”で罠をもぐりこまさせることを狙ってきますので注意が必要です。

本講義では、特に英文契約の経験者を対象に、こうした英文契約の経験者が見逃しがちな“罠”を具体例を前提に検証することを目的とします。

コメントを残す