東南アジア進出:競争法リスクの高まりと対処法

−−−−− 東京-茅場町駅 8/21(火) 34,300 円
DayTime 長橋 宏明 [
?
東京青山・青木・狛法律事務所 ベーカー&マッケンジー外国法事務弁護士事務所(外国法共同事業) 弁護士
]
【海外進出】 主催者提供の詳細ページ
東南アジア進出:競争法リスクの高まりと対処法
〜実際の執行例にみる〜

このセミナーの概要の詳細

http://www.kinyu.co.jp/

近時、日本企業にとって極めて魅力的な新興市場と認識される東南アジア諸国は、経済の発展により公正な競争を確保するためのルール作りの重要性がクローズアップされるに伴い、近年急速に競争法を制定するに至っている。

しかしながら、先例や解釈指針が乏しいことによる不明確性等未だ改善すべき問題点を多く孕み、また、各国の競争法制や執行傾向は区々であって、こうした特殊性を正しく捉えなければ、競争当局による厳格な審査手続や行政措置、刑罰ないし経済的制裁に晒され、東南アジアに進出し、現地で事業を展開する日本企業にとって、大きな足枷になりかねない。

本講義では、こうした東南アジア諸国の競争法を概観しつつ、特に活発に執行が行われているベトナム、シンガポール、インドネシアのほか、タイやマレーシア等の今後執行の活発化が想定される国々についても、具体的な執行例を多数紹介しつつ、そこから見える競争法リスクについて分析し、最後に、これらを踏まえて、日本の独占禁止法向けの対策とは一味異なる東南アジアの競争法に特化したコンプライアンス体制について、若干の提言を行う。

コメントを残す