優越的地位の濫用と下請法のコンプラ・・・

−−−−− 東京-茅場町駅 8/22(水) 34,100 円
DayTime 吉峯 耕平 [
?
田辺総合法律事務所  弁護士
]
【内部統制】 主催者提供の詳細ページ
優越的地位の濫用と下請法のコンプライアンス体制
〜分かりにくい規制を一刀両断し、対策を考える〜

このセミナーの概要の詳細

http://www.kinyu.co.jp/

エディオン40億円、日本トイザらス3.7億円、山陽マルナカ2.2億円、はるやま商事10億円、サンエス4.6億円、大創産業2.8億円……。

近時の優越的地位の濫用・下請法違反事案で、課徴金等により事業者が被った損害の金額です。

また、東京電力の電気料金値上げについて、優越的地位の濫用に該当する行為につながるおそれがあるとして、公正取引委員会が注意した事案もありました。

公正取引委員会の体制強化や独占禁止法の法改正(課徴金の導入等)により、優越的地位の濫用と下請法違反のリスクは高まっています。

業務上のリスクを洗い出してコンプラ体制を構築することは、急務と言ってよいでしょうが、独禁法・下請法の規定は整理が行き届いていないことも否めません。整理不足の生煮えのコンプラ体制を現場に押しつけても、効果的な運用は望めません。

本セミナーでは、近時の事例を踏まえた上で、優越的地位の濫用と下請法規制の規制類型を整理し、コンプライアンス体制構築の視点を示します。

コメントを残す