与沢 翼さんって誰、30分で判った気になれる人物辞典

与沢 翼(Yozawa Tsubasa)

昭和57(1982)年11月、埼玉県生まれ。
早稲田大学 社会科学部 卒業
株式会社フリーエージェントスタイルホールディングスほか複数の会社を所有する実業家。

情報商材アフィリエイトの分野に参入してわずか1年足らずで、毎月の収入が1億円を越えるようになった人物として知られます。

2006年3月-2011年9月 エスラグジュール株式会社 代表取締役
大学3年時に設立した会社で、”お兄系ファッション”のモバイル通販サイトで業績を伸ばし、最盛期で月商1億5千万円、上場を視野に入れるまでの成長をみせたものの、実店舗経営に乗り出し急速な多店舗展開が体力の弱体化を招き、2011年9月、事業を停止(事実上の倒産)します。当時の年収は2,400万円だったそうです。
|詳細→ アフィリエイトをはじめるまでの与沢翼さん

2010年9月- 株式会社ラジューリ(現、フリーエージェントスタイルホールディングス社)
現在の与沢氏の活動の母体となっている会社。自身の情報商材の販売とセミナーを主催するために設立。設立当初は代表取締役に内縁者をおき与沢氏は取締役会長でしたが、現在は与沢翼氏本人が代表権を持つ代表取締役取締役会長になっています。

メルマガアフィリエイトで頭角

2011年9月、メルマガアフィリエイトを本格的にはじめ2ヶ月後には3,000万円を超える月額報酬を獲得します。

以降、ユニークな戦略でアフィリエイト関連の報酬はうなぎ登りに上昇し、2012年夏以降は毎月1億円近い収入を得ています。

|詳細→ 追体験、与沢翼さんがアフィリエイトで成功したやりかた

話題

その後、

2012年、東京ガールズコレクションの携帯関連の一部(ガールズマガジン、ボーイズマガジン400万人の携帯会員)を買収。

2012年、協栄ボクシングジム(金平会長)と提携。

2012年、自伝本を出版。

さらに、この人は外見や雰囲気で判断すると誤解しますが、幸運な一発屋ではなく相当に腹が座った努力家です。アフィリエイトで名を上げる前もゼロから月商1億5,000万円規模の会社を4年半で作り上げた実業家でした。でも潰しているじゃないかって声も聞こえてきそうですが、潰れる云々以前に、不動産以外でこの売り上げ規模の事業を作り上げたってこと自体が立派です。戦略を徹底的に練って行動するタイプとは思いませんが、取捨選択と仕事の順位付けが巧みで、自分の設定した目標に対して徹底的に素直な人のようです。

では、30分で判った気になれる人物辞典”与沢翼さん”編をはじめます。

与沢翼さんの公式サイト

http://yozawa-tsubasa.info/

与沢翼さんオフィシャルブログ

http://ameblo.jp/kaigaiikou/

与沢翼さんのアメブロ

https://twitter.com/tsubasa_yozawa

与沢翼さん公式ツイッター

yozawatsubasa-002

与沢翼さんのファイスブック

株式会社Free Agent Style Holdings(フリーエージェントスタイルホールディングス)

略称:FASホールディングス
与沢翼さんが代表取締役会長

http://free-agent-style.com/

2010年09月、自身の情報商材販売・セミナー主催・アパレルの3本を主目的に山田るり子氏を代表に株式会社Rajuriとして設立

2011年09月、アフィリエイト事業を本格化
2012年10月、資本金を9,999万円に増資

代表取締役会長:与沢翼、 取締役社長:吉村啓志、 取締役上級副社長:小西玲太朗、 取締役副社長:大森寛之・田村翔、 取締役専務執行役員:平田篤史

株式会社YOZAWA TSUBASA Capital Management(与沢翼キャピタルマネジメント)

与沢翼さんが代表取締役社長

2012年08月、FASホールディングスのグループ会社として、投資事業を行う目的で設立

代表取締役:与沢翼、 取締役:小島幹登(SKナレッジ社長)・佐藤文昭(オーバルライズジャパン社長)・佐藤みきひろ(アクティブパートナーズ社長)・山本雄太(ライズクリエイト社長)

同社の2012.08.27付ニュースリリースには”弊社の潤沢な資金調達能力を生かして、化粧品事業、カラーコンタクト事業、e-ラーニング事業、決済代行事業、格闘技支援事業、出版事業に「参入」します。”とあります。

スカイアフィリエイトセンターの運営が、株式会社SKY(代表取締役小島幹登)から株式会社 TSUBASA Capital Managementに移管されたようです。

株式会社Free Agent Door(フリーエージェントドア)

与沢翼さんが大塚哲也さんと共同代表

代表取締役:大塚哲也・与沢翼、 取締役:小島幹登(SKナレッジ社長)・佐藤文昭(オーバルライズジャパン社長)

アフィマAFFIMA!というASPを運営。アフィマの前身は、かつて詐欺商材の温床とまで言われていた「インフォスタイル」

新生ASPアフィマAFFIMA!について与沢さんの解説動画が見られます。

与沢翼さんの経営するアフィリエイトセンター

http://123direct.info/tracking/subaf/588314

FAS アフィリエイトセンター

http://af.affima.net/?aid=6Uyuv3kle

AFFIMA アフィリエイトセンター

FASアフィリエイトセンターはもともと与沢氏の商材を流通させる目的で設立されたていたASPですが、後者AFFIMAアフィリエイトセンターは、元ライブドア取締役の大塚哲也氏との共同事業で設立された株式会社Free Agent Doorが運営します。

与沢翼さんの事業のサイト

http://free-agent-style.asia/

フリーエージェントビジネス

アフィリエイター与沢翼が誕生するまでの軌跡

与沢翼氏はメルマガアフィリエイトに取り組んでわずか数ヶ月で、無料オファーといわれる市場だけの月額報酬で1,360万円を稼ぎ出してしまいます。その彼の考え方や戦術を理解するうえで、彼の生い立ちや物事の取り組み方、考え方を見ていくことにしましょう。

子供時代

昭和57(1982)年11月、埼玉県生まれ。小学6年まで秩父市で過ごし3学期に大宮に転居。

父は時価総額で日本で十指に入る大企業の役員、母は教員という恵まれた家庭の長男として生まれる。妹は高校推薦で慶応大学に入り既婚。

いじめられっ子だった小学校時代の反動で中1からグレはじめ、13歳で補導歴14回。中3で暴走族の先輩集団にリンチを受け東大宮病院に1か月入院。その間の受験勉強で武南高等学校に合格するも3日で退学。

1度目の転機と人生の目標との出会い

16歳のとき暴走行為で検挙され1か月半のあいだ社会から隔離。裁判の場で祖父の涙の訴えを目の当たりにし、不良から抜け出すことを心に誓い、定時制の公立大宮中央高校に通いはじめます。外部リンク:祖父の涙

また留置所で読んだ1冊の本が彼のその後の行き方に大きな指針を与えます。

その本は「だから、あなたも生き抜いて」。刺青を背負い16歳でやくざの妻となった女性が、人との出会いで人生を変え弁護士になった自伝的小説で、人はいつでも変わることができると判らせてくれる本です。

彼はこの本に出会い、自分も弁護士を目指したいと本気で思うようになります。しかし18歳のとき、たまたま義理で参加した友人の暴走族引退記念集会で再び逮捕され、今度こそ暴走族関係の交友を完全に遮断して勉強に専念する必要性を強く自覚します。

彼は東京の代々木ゼミナールに通い始め19歳で大検取得、20歳で早稲田大学社会科学部の合格通知を手にします。そのときは9ヶ月の猛勉強で偏差値が32から68にアップ。そして、大学進学後すぐ弁護士予備校伊藤塾にも通い始めることになります。

長くなるので、続きは別のページ「与沢翼さんとエスラグジュール」で

継続性のある与沢翼さんから知れること

与沢翼さんのオフィシャルブログ(yozawa-tsubasa.info)は、2005年12月11日に最初の記事が書かれてから今もずっと続いています。この続ける力は、見習う必要があります。

彼は初めのころ、このブログに悩みとかまとまらない考えを書きつけ、思考の整理もかねた利用方法をしていました。一部のブログ記事は、サイトを移すときに消してしまったようですが、残されている過去の記事をつぶさに読み込むことで、彼が成功した本当のキーポイントが読み取れるかもしれません。

与沢翼さんの大口の稼ぎ

与沢翼さんの実績の画像その1
  1. フリーエージェントクラブ 約5,100万円
  2. ネット有名人プロデュースパッケージ 約4億円
  3. 与沢塾 約4億円
  4. 与沢塾2期 約4億円(予定)

与沢翼さんの話題

2012年8月16日
ボクシングの協栄ジム(会長:金平桂一郎)は、ロンドン五輪のミドル級金メダリスト村田諒太(26)=東洋大職=に対し、プロ転向の契約金として史上最高額の1億円を用意していると発表した。

これまでの最高額記録は、92年バルセロナ五輪ライト級金メダルのオスカー・デラホーヤ(39)=米国=が、ボブ・アラム氏(80)率いるトップランク社と契約した100万ドル(当時約9,000万円)。

さらに同ジムのWBC世界スーパーフライ級王者・佐藤洋太(28)の防衛戦の相手として、WBA世界バンタム級休養王者の亀田興毅(25)=亀田=に5,000万円のファイトマネーを提示し対戦を要求した。

協栄ジムの強気の破格オファーの影にはフリーエージェント・スタイル社がある。与沢翼会長(29)によれば、ボクシングに1億7,000万円を投資する用意があるということだ。

コメントを残す